ダポキセチンの海外通販

ダポキセチンの海外通販

タダポックスの海外通販

タダポックスの通販

早漏のタイプ

スーパーカマグラなどの医薬品で大きく射精時間を延長し、早漏克服が出来るようになっても、実のところどうして射精が早いのかわからないままの人もいるはずです。早漏にはいくつかのタイプがあるため、現状を把握しづらいともいえます。少しでもそれを知り、根本的な改善になれるようそのタイプを少しずつですがまとめたいと思います。

過敏性早漏

ペニスが刺激に対し、異常に敏感であるためわずかな刺激でも射精してしまうのがこのタイプです。本来の射精は、ペニスへの刺激はもちろんのこと脳内で感じる性的興奮も合わさって行われるものです。しかしこのタイプはペニスの刺激のみで射精をしてしまうため、対処法としてはその刺激になれるしかありません。早漏防止用のコンドームを使ったり、あるいはセルフトレーニングで射精を我慢し慣れさせる方法を取る必要があるでしょう。

包茎性早漏

真性包茎、あるいは仮性包茎により亀頭が露出しなかったため刺激に弱く我慢が出来ずに射精してしまうのがこの包茎性早漏というタイプです。過敏性早漏とよく似ています。そのため刺激に慣れることが重要であり、例え包茎手術を行って亀頭が常時露出したままでも変わらない場合もあります。仮性包茎である場合、簡単に露出できるので意識して露出をさせればある程度は刺激に対し、耐性がつくと思います。

心因性早漏

緊張や不安により起こってしまうタイプがこちらです。また過剰な興奮によって射精してしまうのも心因性早漏に当てはまります。交感神経が優位に働いており、これが射精を促す自律神経になっていますので早々に絶頂に達してしまうのです。いつも早漏である、と悩んでいる人の他、セックスに不慣れな人も陥りやすいといえます。

衰弱性早漏

射精をコントロールする筋肉が弱ることで、それを抑えられなくなるのがこちらのタイプです。判別方法として、射精の際に勢い良く精液が飛ばずに、漏れだすように出てしまうのであればこのタイプでしょう。デスクワークの人がなりやすいといい、下半身の筋肉が弱ってしまうために起こります。適度な運動をし、筋肉の衰えを防いでいけば予防することが出来ます。